画像形式の違い

画像の形式には大きく分けて「ラスター形式」「ベクター形式」の二種類があります。
web上の画像や写真などで使用される「jpg」や「png」などは、デジタル社会で誰もが一度は見たことがあるファイル形式だと思いますが、「ai」「eps」といった印刷業界で使われるファイル形式はあまり馴染みがない方も多いのではないでしょうか。
しかし、プリントエポックでは「完全データ」での入稿をお願いしており、当社規定の完全データとは、書体は「アウトライン済み」の「ai」データとなっております。

看板が必要な業者様は多岐に渡り、印刷業界ではよく知られている言葉でも、その他の業界では聞き慣れない単語ばかりです。
ここでは、印刷業界ではないお客様にも気軽にご依頼いただけるよう、画像形式についての説明をいたします。

ラスター形式

ラスター形式とは、「ピクセル」という点の集まりによって構成される画像です。
主に写真などの保存に使用される「jpg」「png」等が当てはまり、ビットマップ形式とも呼ばれます。

点の集まりで構成されているため、写真や絵画など、色数の多い複雑な画像の再現が可能となっております。
また、webに使われる画像は、ベクター形式に対応していないことが多い為、ラスター形式に変換して使用します。
デメリットは、拡大縮小に適していない、再編集に向いていないことです。 拡大縮小によりジャギー(輪郭に現れるギザギザ)が発生し、画質が落ちてしまい、画像がぼやけてしまいます。
そのため拡大縮小前の画像をお持ちの場合は、印刷の際に提出をお願いする場合がございます。

ベクター形式

ベクター(ベクトル)形式とは、「パス」と呼ばれるパーツで構成される図形やイラストを指します。
パスで構成された図形やイラストは「オブジェクト」と呼ばれ、ファイル形式はAdobe illustratorの「ai」や「eps」等が当てはまります。

ベクター形式最大の特徴は、ラスター形式ではできない再編集が可能となっております。
ラスター形式の修正は「上書き」となってしまい、画像の劣化が発生してしまいますが、ベクター形式なら情報を維持しており、細かな修正も可能です。
拡大してもデータが荒くなることはなく、縮小しても潰れてしまうことはないため、1/10スケールなどの小さなデータで作成することができ、結果容量も軽くなります。
ただし、複雑な画像を作るのには向いていません。メリハリのあるシャープな画像に最適で、文字や企業ロゴ・簡単なイラスト等に向いていると言えます。

「アウトライン化」とは?

前書きで触れた書体の「アウトライン」についてお話いたします。
書体はお客様ご自身のパソコンに入っている書体でしたらどんな書体でも印刷可能となっております。
ただし、お客様のパソコンに入っている書体が、当社のパソコンに入っているとは限りません。
当社のパソコンに入っていない書体でデータを作成してしまうと、入っている書体に置換されてしまったり、文字化けしたりなど、予期せぬ不具合が発生いたします。
ラスター形式なら文字化けと言った問題は発生しませんが、先程触れたように拡大縮小に適しておらず、ポスターや舞台看板といった大判出力には向いておりません。
また、ベクター形式はラスター形式への変換ができますが、逆はできません。
そこで「アウトライン化」が必要となります。
「アウトライン化」とは、書体の輪郭を抽出しベクター化することを指します。illustratorでしたらどのバージョンにも搭載されている機能ですので、データ入稿の際は必ず「書体のアウトライン化」をお願いいたします。

※アウトラインを取ると、文字内容の編集ができなくなります。その代わり、文字の形を編集できるようになります。
一度アウトラインを取ると、元には戻せなくなりますので、アウトライン化の際は、別途アウトライン前のデータを保存しておくことをお勧めします。

アウトライン前 文字内容の編集ができます。
アウトライン後 文字の形の編集ができます。

比較

形式ラスター形式ベクター形式
用途写真・絵画など
web画像全般
文字・図形など
印刷物全般
ファイル形式jpg、png、gif、psd等ai、eps、svg、pdf
編集ソフトペイントソフト
(Adobe Photoshop等)
ドローソフト
(Adobe Illustrator等)
メリット○複雑な画像に最適○拡大・縮小・再編集ができる
デメリット×拡大・縮小・再編集に不向き×複雑な画像に不向き
×webでは非対応なことが多い

※PDF入稿について

PDFは、ラスター形式とベクター形式、及びアウトラインされていない書体を混ぜて保存できる便利なファイル形式です。
illustratorはもちろん、WordやExcelといった文章作成ソフトでもPDF形式での保存が可能です。
Adobe Readerを使用することにより、文字化けやレイアウトの崩れを防ぎ、どの端末でも同じように表示されるのが特徴です。
ただし、当社の大判印刷物はillustrator経由での出力となるため、illustratorで開く際に書体は置換もしくは文字化けが発生します。
PDF入稿の場合も必ず書体のアウトライン化をお願いいたします。

ラスター形式の画像を使用したい

写真など最初からラスター形式で作られている画像を大判出力に使用したい場合もあると思います。
その場合はillustratorの「配置」機能にてラスター形式の画像を配置し、元画像も一緒に入稿してください。
また、illustratorを所持しておらず、ラスター形式のペイントソフトで製作した画像をそのまま出力したいという場合もあるかもしれませんが、大判印刷の場合、ファイルサイズが非常に重くなってしまったり、出力の際に出力機にデータを送ることができなくなるなど不具合が発生いたします。
そういった事情により当社ではベクター形式での入稿をお願いしておりますので、悪しからずご了承くださいませ。

あわせて読みたい