印刷の種類について

プリントエポックでは、少部数に強い大判インクジェットプリンターを導入しています。
「インクジェット」という印刷方式の存在は耳にしたことがある方も多いかと思いますが、どのような印刷方式なのか、その他の印刷方式との違いは何かということは知らない方も多いのではないでしょうか。
今回は印刷の種類について考えていきたいと思います。

オフセット

オフセット印刷は、商業印刷で最もよく使われている印刷方式です。
オフセット印刷では、印刷版が必要となります。しかし版を使って直接紙にインクを付着するわけではありません。まず、印刷版のインクをブランケットと呼ばれる転写ローラーにつけていき、ブランケットに付着したインクを印刷用紙に付着させます。
版に付着したインクを剥がし(off)、ブランケットから紙に写す(set)ことから、オフセット印刷と呼ばれています。
液状インクを塗ることにより紙の中にインクを染み込ませるのが特徴です。
(用紙の種類によっては紙の上に定着する場合もあります)
都度版を用意するため、大部数にはオススメですが、少部数の場合も版代がかかるため、少部数では割高になってしまいます。チラシやパンフレット等、大量に必要な場合にオススメです。

オンデマンド

オンデマンド印刷は、粉体トナーのレーザープリンターで印刷する印刷方式です。
粉末トナーを熱と圧力で定着させる印刷方式で、オフセットのように版を必要としないため、少部数の印刷にも対応可能です。また、インクを乾燥させる工程がないため、短納期での印刷ができます。
オンデマンド印刷と呼びますが、オンデマンドプリンターという種類の印刷機というわけではありません。オンデマンド(on demand)とは、直訳すると「要求に応じて」「必要になった時にだけ」という意味となり、短納期・少部数での印刷を「オンデマンド印刷」と呼びます。印刷会社によっては、インクジェットプリンターを使用する場合にもオンデマンドと呼ぶこともあります。
印刷機のスペックの関係上、大部数の印刷には向きません。
個人商店のポスターや、100部以下の少部数で充分な場合のチラシ等、大判である必要のない場合の少部数印刷物はオンデマンドがオススメです。

デジタルオフセット

オフセットとオンデマンドの間をとった印刷方式です。
「デジタルオフセット」という名前ですが、オフセットのように版を用意する必要はなく、出力方法はオンデマンドに近いです。オンデマンドとの違いは、粉状トナーではなく液状トナーを使用しています。そのため画質はオフセットに近く、オンデマンドのように短納期・少部数での印刷が可能となっております。
オンデマンドと同じく、大部数には向いていません。
飲食店のように、部数は少ないが高画質の写真が必要なポスターやメニュー表等にはデジタルオフセットが向いています。

インクジェット

現在、一般家庭用として普及している印刷機のほとんどがインクジェット方式です。
インクジェットは、液状インクをスプレーのように細かい粒子状にし、紙に吹き付けて印刷します。
レーザープリンターによるオンデマンド印刷と同様、版を必要としないため、少部数での印刷が可能です。

当社大判インクジェットプリンターの特徴

業務用大判インクジェットプリンターのインクの種類は、機械により水性・溶剤とありますが、当社では有機溶剤には該当しない溶剤インクを使用しています。
溶剤インクは簡単に言えばペンキと同じなので、屋外対候性があり、有機溶剤には該当しないため、屋内での使用も安心です。1日~2日程度で完全に乾くため、短納期での印刷が可能です。
当社の看板にも使われているロール状のメディアを使用して印刷するため、B0以上の大判印刷にも対応し、横幅には制限がありますが縦幅は制限がありません。2mでも3mでも、ロールの長さの範囲内でしたら理論上印刷可能です。
印刷機の関係上、大判に対応していない印刷方式は多いですが、対応している場合でも少部数に対応していないことも多く、例えば1枚しか使わないのに100部発注しなければならない等、余計なコストがかかってしまいます。
大判ポスターは少部数で充分な場合も多い為、当社大判インクジェットがオススメです。

各種印刷方式の比較

 メリットデメリット
オフセット○高画質
○大部数
×少部数(都度版が必要になる)
×A1以上の大判 (導入機器による)
オンデマンド○短納期
○少部数
○低価格
×画質(オフセットに劣る)
×大部数
×A3以上の大判(導入機器による)
デジタルオフセット○高画質(オフセットに近い)
○短納期
○少部数
×大部数
×版ズレ(オフセットよりも起きやすい)
×A3以上の大判(導入機器による)
当社大判インクジェット○短納期
○少部数
○B0以上の大判(サイズ制限なし)
×大部数

当社ではインクジェットのみの対応となっておりますが、他社ではなかなか対応していないB0以上の大判印刷に対応しているという強みがあります。
大判印刷物を短納期・少部数でご希望のお客様は、ぜひご検討ください。

A判・B判の大きさについてはこちらの記事も併せてお読みください。